インターネット安全教室

お知らせ

 新着お知らせは、こちらに順次掲載いたします。

 

本サイトは経済産業省の補助金事業としてIPAから委託を受け、教育ネットが事務局運営している「インターネット安全教室」のサイトです

インターネットサービスの利用が日常になった今、ネットに関わるトラブルや犯罪への対策の必要性が高くなっています。
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)では、大人も子供も情報モラル、情報セキュリティを「共に学び、考える」ことを目的とした「インターネット安全教室」を全国各地で開催いたします。

 背景

昨今インターネットサービス利用が増加する中で、インターネットに関わる犯罪や事故が増加しています。さらに情報系通信機器の所持の低年齢化が進み、SNSを介したトラブルも多く起こっております。

2018年2月に改正された「青少年インターネット環境整備法」より、青少年がより安全にインターネットを利用できる環境を整備する責務が大人に求められています。

情報モラル・情報セキュリティの普及には、教育、啓発活動ができる指導者を育成すること、そして地域や子供たちに広げていくには、学校や自治体、地元の関係企業等を中心とした二次的な啓発によって広げていくことが重要となっています。

今年度の「インターネット安全教室」では二次啓発の実践を視野に入れながら、全国各地で国民の情報セキュリティの基礎知識向上を図り、一般のインターネット利用者に情報モラル・情報セキュリティの普及を目標に下記の通り安全教室を実施いたします。

 

 2つの安全教室

開催概要
①教育関係者向け安全教室
すべての都道府県にて開催予定
対象 教育関係者またはインターネット安全教室の講師希望者
参加費 無料 ※講師は事務局より派遣致します。
目的 IPAが提供する教材の説明および指導のポイントをお伝えします。
情報モラル・セキュリティ教育の実施、また学校や地域での授業、活動に活かすことを目的とした教室です。
開催概要
②一般向け安全教室
全国にて開催予定
対象 学校、家庭においてインターネットサービスを利用する方
参加費 無料
目的

ビデオやワークショップを通じ、基礎的な情報セキュリティ知識、ネットリテラシーについて学び、自ら考えていただく教室になります。